• ホーム
  • 梅毒治療にノバモックスを通販で購入するときに考えなければいけないこと

梅毒治療にノバモックスを通販で購入するときに考えなければいけないこと

悩んでいる男性

日本国内では梅毒の治療薬は医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、病院で処方してもらわなければ入手することができません。病院に行かないで自分で病気を治したい場合は、海外から個人輸入する方法で入手することができます。日本人向けに個人輸入代行サービスをおこなう会社の通販サイトがあるので、このようなサイトにアクセスすれば普通にネットショッピングをする感覚で治療薬を入手することが可能です。医薬品の個人輸入通販サイトは日本語ページが用意されていますし、日本語でのサポート窓口が設けられます。このため、初めての方でも海外で販売されている医薬品を簡単に購入することができます。

個人的に使用する目的であれば、処方箋薬を海外から個人輸入して入手することは法律で認められています。国内で承認されていない安価なジェネリック医薬品でも、個人輸入を利用すれば購入して服用することができます。

個人輸入通販のサイトにアクセスすれば、誰でも簡単に梅毒治療薬のノバモックスを入手することができます。医薬品を自分で入手する場合は、健康保険が適応されないので全額自費負担になります。安いジェネリック医薬品を選べますし病院の診察料が不要なので、トータルの治療費を安く抑えることができます。

自分で梅毒をノバモックスを個人輸入通販サイトを利用して購入する場合は、注意すべき点がいくつかあります。普通のネット通販と同じようにオンラインショップで簡単にノバモックスを発注して自宅に届けてもらうことができますが、発送元が香港やシンガポールなどの海外であることに注意が必要です。国内であれば発送した翌日に自宅に商品が届きますが、海外から発送された場合は通関手続きがあるので1週間~2週間程度の日数がかかります。薬を注文してもすぐに手元に届く訳ではないので、病気に気づいた後に薬を購入すると治療開始が遅れてしまうことになりかねません。

海外からノバモックスを個人輸入して梅毒の治療をする場合は、病気になる前に購入して薬を備えておくことが大切です。性風俗店で従事している女性の中には、事前にノバモックスをまとめ買いして備えている人もいます。梅毒は治療期間が長いので、服用すべき薬の量が多くなります。途中で服用を中断すると再発する危険性があるので、十分な量の薬を備えておくようにしましょう。

抗生物質などの医療用医薬品を入手した場合は、必ず購入した本人が使用するか処分をする必要があります。他人に譲渡したり販売することは法律で禁止されているので、友人・知人が薬を入手して保有している場合でも譲ってもらうことができません。必ず自分でオンラインショップで発注して、自分宛てに発送してもらうようにしましょう。