• ホーム
  • 梅毒治療にノバモックスを使うのなら効果を損なわない方法を知っておこう!

梅毒治療にノバモックスを使うのなら効果を損なわない方法を知っておこう!

心配している男性

梅毒はトレポネーマと呼ばれる細菌が原因で起こる病気で、治療をしないで放置すると死に至るたいへん恐ろしい病気です。1940年代に世界初の抗生物質のペニシリンが開発されるよりも前は、死に至る不治の病として世界中で恐れられてきました。梅毒はペニシリン系の抗菌薬が有効なので、薬で完治させることができます。日本国内の病院で梅毒と診断されると、ペニシリン系抗菌薬のアモキシシリン錠(カプセル錠)が処方されます。服用方法ですが、1回につき250mg錠1個を1日3回飲みます。

アモキシシリンは医療用医薬品なので一般向けに販売されておらず、病院で処方してもらわないと入手することができません。ただし、個人輸入通販を利用すれば医師の処方箋がなくても個人でアモキシシリン配合された錠剤を購入することができます。ノバモックスという薬もアモキシシリン錠のジェネリック医薬品のひとつで、梅毒治療のために病院で処方されるサワシリン錠と同じ効果が期待できます。病院に行かずに梅毒を治す場合は、通販サイトを利用してノバモックスを入手して服用する方法があります。

梅毒の特効薬であるアモキシシリンを有効成分とするノバモックスは飲み薬で、毎日決まった量を飲み続けることで感染症を完治させることができます。感染後3ヶ月以内の第2期までであれば、ノバモックスを服用することで梅毒を完治させることが可能です。ノバモックスを使用する場合は、効果を損なわない方法で正しく服用する必要があります。

梅毒を完治させるためには、症状の程度に応じて薬を飲み続ける治療期間に違いがあります。この病気は病原菌に感染してからの期間ごとに第1~4期に分かれており、3~9週間は第1期で9週間~3ヶ月であれば第2期に区分されています。第1期の段階で治療を開始すると、服用期間は2~4週間で、第2期であれば8~12週間です。2期の段階で治療を開始すると、2~3ヶ月間にわたり毎日薬を服用し続けることが求められます。

梅毒の病原菌は体の中で多くの臓器に感染するので、感染してからの期間が長くなると治療に長い時間がかかります。治療期間中に症状が改善されたとしても病原体が臓器の内部に潜んでいる可能性があるので、定められた期間中は薬を飲み続けなければなりません。感染時期が不明な場合は、長めに薬を飲み続ける必要があります。1日3回に分けてカプセル錠を服用しますが、血中濃度を一定に保つために8時間おきに飲むようにすると効果的です。

ノバモックスを服用する場合は、アルミニウムやマグネシウムなどの制酸薬が配合された胃薬と一緒に飲まないようにしましょう。制酸薬と一緒に飲むとノバモックスの有効成分の吸収が抑えられてしまい、血中濃度が下がってしまうからです。市販の胃薬を服用する場合は、時間をあけてノバモックスを飲むするようにしましょう。