• ホーム
  • 性病を放置しているとHIVに感染するリスクが高まることもある

性病を放置しているとHIVに感染するリスクが高まることもある

危険なウィルス

性病の中には、細菌や寄生虫などが原因で起こる病気も少なくありません。クラミジア・淋菌感染症・梅毒・トリコモナスなどはいずれも細菌や原虫(単細胞の寄生虫)が現認で起こる病気です。細菌や寄生虫であれば抗菌薬を用いることで死滅させることができるので、初期症状の段階であれば飲み薬だけで簡単に治療をすることができます。

女性の性器にクラミジア・淋菌・トリコモナスなどの性病に感染して発症すると、膣炎や子宮頸管炎を起こします。これらの病気は抗生物質を投与することで簡単に治療をすることができますが、性器に炎症が起こると他の病原体に対する抵抗力が弱くなってしまいます。これらの性病を放置して炎症を起こすと、HIVに感染するリスクが高めてしまうので注意が必要です。

一般的にHIVの感染力は弱いことが知られており、1回の性器性交の感染率は0.1~1%といわれています。ところがクラミジアや淋菌感染症で膣炎や子宮頸管炎を起こして放置すると、感染リスクが数倍に上昇することが知られています。

クラミジアや淋菌感染症であれば抗菌薬を服用して完治させることができるので、これらの病気が原因で命を落とす危険性は非常に低いです。これに対して、HIVに感染すると現在の医療技術では完治させることができません。HIVは感染後数年~20年間にわたり無症状の潜伏期間が続きますが、この間に徐々に免疫力が弱くなります。免疫力が弱くなると他の細菌やウイルスの感染症を起こし、エイズが発病します。エイズを発症して有効な治療を受けないと、2~3年で死に至ります。

HIV(エイズ)に感染した場合、病原体(ウイルス)の増殖を抑える薬を服用することで発病を防ぐことは可能です。治療を受けても体の中のウイルスを排除することができないので、一生薬を飲み続けないと発病して命を落とす危険性があります。HIVは遺伝情報が変異しやすいという性質があり、1回でも薬を飲み忘れてしまうと薬剤耐性を獲得してしまう恐れがあります。ウイルスが薬剤耐性を獲得すると二度とその薬が効かなくなってしまうので、別の抗ウイルス薬に切り替えなければなりません。エイズ治療薬は数種類しか存在しないので、発病を防ぐためには毎日欠かさずに高価な治療薬を飲み続ける必要があります。

簡単に完治させることができるような性病の治療を受けずに放置し続けると、HIVなどの別の性病に感染するリスクを高めてしまいます。クラミジアや淋菌感染症の炎症が原因でHIVに感染して命を落とす危険性があるので、性病に感染したらすぐに適切な治療を受けて治す必要があります。