• ホーム
  • 先発医薬品と効果が同じでも安価なのがジェネリック医薬品のイミキアドクリーム

先発医薬品と効果が同じでも安価なのがジェネリック医薬品のイミキアドクリーム

イミキアドクリームは、皮膚科や性病クリニックなどで尖圭コンジローマの治療薬として処方されるベセルナクリームと同じ有効成分のイミキモドが配合されたジェネリック医薬品です。配合されている有効成分の量・種類はベセルナクリームと同じなので、先発薬と同じ治療効果が期待できます。ただしイミキアドクリームはジェネリック医薬品なので、先発医薬品のベセルナクリームと比べて安価な値段で販売されています。一般的にジェネリック医薬品は先発医薬品と比べて6割かそれ以下の費用で購入することができるので、海外では多く用いられています。

ジェネリック医薬品のイミキアドクリームは先発医薬品と比べて半額かそれ以下で購入することができますが、安くても治療効果が低かったり副作用が出るリスクが高いという訳ではありません。薬の成分は全く同じなので、治療効果・副作用や使用方法は高価な先発薬と全く同じです。

製薬メーカーが新規に医薬品を開発して製品化するためには、10年以上の年月と1千億円を超える莫大な研究・開発費を必要とします。完成した新薬の販売価格は製造のための原価に加えて、研究・開発費が転嫁されています。開発した会社が特許を取得するので一定期間は独占的に販売することができるので、この間にメーカーは開発費を回収します。他の会社が同じ成分の医薬品を製造する場合は、特許を取得した会社にライセンス料を支払う必要があります。

特許期間が過ぎると、特許料を支払わなくても同じ薬の有効成分を含む医薬品を他のメーカーが製造・販売することができるようになります。特許が切れた医薬品は既に製法や効果・副作用・安全性・使用方法が分かっているので、安価な開発費用で製品化することができます。特許期間が過ぎている薬を安価な費用で開発して販売されたものがジェネリック医薬品で、値段が安くても治療効果や安全性の点では何ら問題がありません。ジェネリック医薬品は先発医薬品と全く同じ治療効果を持ちますが、販売価格だけが違います。

ジェネリック医薬品のイミキアドクリームは、先発医薬品のベセルナクリームと同じように尖圭コンジローマに対する治療効果を発揮します。イミキアドクリームの販売価格には特許料や高額な開発料が転嫁されていないという理由で、安価な値段で購入することができます。これらの医薬品は効き目が同じで販売価格だけが違うので、イミキアドクリームが入手可能であれば高価な先発医薬品を選ぶ理由はないでしょう。