• ホーム
  • ノバモックスはジェネリック医薬品なので先発医薬品よりも安く手に入る

ノバモックスはジェネリック医薬品なので先発医薬品よりも安く手に入る

梅毒やその他の細菌感染症の治療のために、病院や診療所ではペニシリン系抗生物質のアモキシシリンを有効成分とするサワシリンカプセル錠が処方される場合があります。サワシリンはアモキシシリンが配合された抗菌薬の先発医薬品で、米国の製薬メーカーが開発して発売した薬です。サワシリン錠は梅毒の治療の他にも、皮膚科・呼吸器科・耳鼻科・歯科などの分野でも感染症の治療のために多く用いられている薬のひとつです。

サワシリンは先発医薬品なので販売価格が高いですが、同じ有効成分が配合されたジェネリック医薬品も販売されています。ノバモックスはサワシリンと同じ有効成分(アモキシシリン)が配合されたジェネリック医薬品で、インドのCipla(シプラ)社という会社が製造しています。ノバモックスの有効成分の種類・量はサワシリン同じで、先発医薬品と同等の治療効果が期待できます。ノバモックスにはカプセル錠と錠剤の2種類がありますが、両方とも先発医薬品と同じように服用します。

先発医薬品のサワシリンとジェネリック医薬品のノバモックスの大きな違いは、販売価格です。医薬品を専門に扱う個人輸入通販のサイトを利用してノバモックスを購入する場合、サワシリンの半額かそれ以下の費用で入手することができます。薬の有効成分のアモキシシリンは既に特許期間が終了しているので、ジェネリック医薬品のノバモックスの販売価格には特許料が含まれていません。このため、サワシリンよりも安価な費用で販売されています。

薬の販売価格の差は品質や有効成分の量の違いではなく、研究・開発費や特許料の違いが原因である場合が少なくありません。ジェネリック医薬品は安価で販売されていますが、品質や安全性については先発医薬品と同等なので安心して使用することができます。

日本は医療保険の制度が整っているので薬代を意識する機会は少ないですが、医療保険性のない国や地域では病気の治療のために安価で入手できるジェネリック医薬品を購入する方法が一般的です。海外から医薬品を個人輸入して自分で梅毒の治療をする場合は健康保険が適応されないので、薬代を抑える必要があります。サワシリンでなくてジェネリック医薬品のノバモックスを選択すれば、薬代を大幅に節約することができます。梅毒の治療をする場合は最長で3ヶ月間にわたり毎日薬を飲み続ける必要があるので、安く手に入るジェネリック医薬品を選ぶことで治療費を抑えることができます。